RSS

山口県の寂地山 カタクリ鑑賞登山 ③滝・登山道編-2(4月21日(金)


登山道の1
1 登山道の1 13%

登山道の2 橋の横に石が崩落
2 登山道の2 橋の横に石が崩落 13%

案内表示の1
3 案内表示の1 13%

案内表示の2
4 案内表示の2 13%

みのこし峠から先の稜線沿いには雪が
5 みのこし峠から先の稜線沿いには雪が 13%

寂地山頂上
6 寂地山頂上 14%


7 14

頂上周辺には咲いていなかった 
8 頂上周辺には咲いていなかった 13%

帰路 頂上手前分岐の案内表示の3
9 帰路 頂上手前分岐の案内表示の3 13%

帰路 頂上手前分岐の登山道 
10 帰路 頂上手前分岐の登山道 13%

帰路 寂地林道終点の案内表示
11 帰路 寂地林道終点の案内表示 13%

帰路 寂地林道終点 
12 帰路 寂地林道終点 13%

帰路 寂地林道
13 帰路 寂地林道 13%

帰路 犬戻歩道入口の案内表示
14 帰路 犬戻歩道入口の案内表示 13%

犬戻の滝案内
15 犬戻の滝案内 13%

犬戻の滝
16 犬戻の滝 14%

帰路 犬戻歩道入口 駐車場あり 
17 帰路 犬戻歩道入口 駐車場あり 13%

 大変お疲れ様でした。

                          By ミヤーン
スポンサーサイト

山口県の寂地山 カタクリ鑑賞登山 ②滝・登山道編-1(4月21日(金)

 第2弾として、五竜の滝や登山道等編の1として
紹介したい。

早朝の瀬戸大橋 九州脱出の朝 キャンピングカーを前に
1 早朝の瀬戸大橋 14%

寂地峡案内所「やませみ」
2 帰路 寂地峡案内所「やませみ」 13%

寂地峡案内板
3 寂地峡案内板 13%

寂地峡・山 登山口
4 寂地峡・山 登山口 13%

五竜の滝の① 龍尾の滝
5 龍尾の滝 14%

        ② 登龍の滝
6 登龍の滝 14%

        ③ 白龍の滝
7 白龍の滝 14%

        ④ 龍門の滝
8 龍門の滝 14%

        ⑤ 龍頭の滝
9 龍頭の滝 14%


滝周辺の急登
10 滝周辺の急登-1 14%

滝周辺の急登を見おろして
11 滝周辺の急登を見おろして-1 14%

木馬トンネルの分岐案内
12 木馬トンネルの分岐案内 14%

木馬トンネルの案内
13 木馬トンネルの案内 14%

Aコース用のトンネル 
14 Aコース用のトンネル 13%

利用したCコース側のトンネル 
15 利用したCコース側のトンネル 13%

利用したCコース側の橋
16 利用したCコース側の橋 13%


 お疲れ様でした。
次は、みのこし峠周辺の急登から頂上を経て下山するまでの
第3弾に続く。
 
 その前に、好きな荻原 浩著作を紹介しておきたい。
「二千七百の夏と冬」上下巻・・・・・。
 読んでください。
18 荻原 浩著作 13%

                        By ミヤーン

山口県の寂地山 カタクリ鑑賞登山 ①花編(4月21日(金)

 山口県の寂地山へカタクリを見に行ってきた。

 はじめ、寂地峡の案内所「ヤマセミ」で近くに住む
おじさんに開花情報を聞いてみたところ、数日前にも
雪が降ったので、今年は開花が遅いのでは教えてもらった。
それで例年多く群生している「みのこし峠」の分岐付近から
先に登ってみたらとのことだったので、おっしゃるとおり
五竜の滝を見て、みのこし峠経由「寂地山」頂上を目指す
こととした。
 
天気予報で午後から晴れそうだったので、少し遅めの
10時30分頃取り付き、五竜の滝経由、その後はひたすら
登るという、ハードなコースでみのこし峠にようやく、12時
30分頃着いた。
 すると、熊本県の「目丸山」のカタクリ群生地とは比較にも
ならないほどの群生が続いていた。
 
 おなかはすいていたが、早々と昼食を済ませ、写真撮影に
しばし没頭・・・・。ここは本州、中国地方の山口県、後で
「熊注意」の看板もどっかに忘れて花撮影にしばし、独り占めの
状態で楽しんできた。

 アミノ酸の補充を5回もとるという、とてもハードなコースで
6時間で8k程度は歩いたと思うが、十分にカタクリを楽しんで
有意義な山口県行きだった・・・・。

カタクリ-1
カタクリ-1 14%

カタクリ-2
カタクリ-2 14%

カタクリ-3
カタクリ-3 14%

カタクリ-4
カタクリ-4 14%

カタクリ-5
カタクリ-5 14%

カタクリ-6
カタクリ-6 14%

カタクリ-7  蜜を吸うハチ
カタクリ-7 14%

カタクリ-8 
カタクリ-8 14%

カタクリ-9
カタクリ-9 14%

カタクリ-10
カタクリ-10 14%

カタクリ-11 斜面に一杯
カタクリ-11 14%

カタクリ-12
カタクリ-12 14%

  ほんとはこんなはずか!?
160 ほんとはこんなはず


カタクリの花 サイズ確認用-1
14 サイズ確認用 13%-1

カタクリの花 サイズ確認用-2
15 サイズ確認用 13%-2

 中には白っぽい色のカタクリもあった! 
16 白っぽいカタクリ 14%


 お疲れ様でした。
次は滝や登山道、頂上編など②へ続く。

                    By ミヤーン


2017 地元の桜(4月9日(日)

 2017年、天候は今一だったが、次回はなさそうだったので、芦北町 御立岬公園を含め、
地元の桜を撮ってきたので、紹介したい。


古城堤防
1 古城堤防-1 12%

湯の児海岸-1
2 湯の児海岸-1 12%

湯の児海岸-2
3 湯の児海岸-2 12%


そして、初めて紹介する
御立岬公園-1
4 御立岬-1 12%

御立岬-2
5 御立岬-2 12%

御立岬-3 
6 御立岬-3 12%

御立岬-4 
7 御立岬-4 12%

御立岬-5
8 御立岬-5 12%

御立岬-6
9 御立岬-6 12%

御立岬-7 
10 御立岬-7 12%

御立岬-8
11 御立岬-8 12%

御立岬-9
12 御立岬-9 12%


 帰路に
あしきた青少年の家をバックに菜の花
13 あしきた青少年の家をバックに菜の花-1 12%


    お疲れ様でした。
 次回は山行を紹介したい。

                        By ミヤーン

2017初 氷結した韓国岳(1月14日(土)③お鉢、下山編


 第3弾として、お鉢~下山編を紹介したい。


お鉢を見下ろして 
1 お鉢を見下ろして 14%

お鉢の氷結-1
2 お鉢の氷結-1 14%

お鉢の氷結-2 
3 お鉢の氷結-2 14%

お鉢の氷結-3
4 お鉢の氷結-3 14%

お鉢の氷結-4
5 お鉢の氷結-4 14%

お鉢の氷結-5
6 お鉢の氷結-5 14%

頂上案内看板の横アップ
7 頂上案内看板の横」アップ-1 13%

案内についたエビのしっぽ 
8 案内についたエビのしっぽ 13%

エビのしっぽ-2
9エビのしっぽ-2 13%


下山後の韓国岳 
10 下山後の韓国岳 14%

下山後の不動池手前駐車場 駐車禁止!
11 下山後の不動池手前駐車場 13%

下山後の道路脇 駐車で残っていたのは私を含め2台のみ 
12 下山後の道路 2台のみ 13%


  大変、お疲れ様でした。
風と寒さに耐えながら、いい景色を眺めて
帰ることができました。

 最後に、久々に「動的平衡」の福岡伸一さんの
新書が、集英社からインターナショナル新書創刊号と
して発売されていたので、「動的平衡」ファンとして
紹介して終わりたい。

 福岡伸一氏 待望の新書 「生命科学の静かなる革命」 
13 福岡伸一待望の新書 13%
≪前のページ≪   1ページ/36ページ   ≫次のページ≫