RSS

2年目の山の日記念 くじゅう 中岳~星生山 撃沈①頂上、花編(8月11日(金))

 前日10日の11時頃に牧ノ戸駐車場に着くと、雨模様。
仮眠しながら、待つも晴れそうにない。
 さんざん迷ったが、しかし、登山者の車は増える一方。
山の日だし、微かな期待を胸に日の出をあきらめ、4時20分頃に
登山開始。
 沓掛山~扇ケ鼻分岐~西千里~避難小屋を経由して、晴れそうにないので、
中岳頂上を目指す。
 風が強かったが、頂上に着くと、誰もいない。
 風を避けるようにして、頂上で朝ごはん。すると、男性が2人、登ってきたが、
その後も誰も来ない。
 早々と朝食を済ませ、御池横をさびしく下山開始。
 避難小屋上を経由、晴れるのではと期待して星生山へ。
 こちらも期待外れ、、、、、、!
 花の写真をとりながら、泥んこ道を下山し、牧ノ戸に9時40分頃着いた。
 その後は、おいちゃん家経由して、男池で花散策。今回は、今年見飽きていた
「キツネノカミソリ」が満開状態だった。
 汗を流すため、「山恵の湯」を期待したが、メンテナンス中のため入れず、
「花山酔」で汗を流し、「ヒゴタイ公園」のヒゴタイ鑑賞を済ませ、ミルクロード
経由で帰路につき、盆の渋滞もなく、午後4時前には地元に帰った。


中岳頂上
1中岳頂上 14%

星生山頂上
2星生山頂上 14%

ママコナ-1 
3ママコナ-1 14%

ママコナ-2
4ママコナ-2 14%

ママコナ-3 
5ママコナ-3 14%

ヤマアジサイ
6ヤマアジサイ-1 14%

コオニユリ
7ユリ-1 14%

ギボウシ
8ギボウシ-1 14%

サイヨウシャジン-1
9サイヨウシャジン-1 14%

サイヨウシャジン-2
11 サイヨウシャジン-3 14%

ソバナ
10 サイヨウシャジン-2 14%

 
ワレモコウ
13その他-2 14%


その他
12 その他 14%


15その他-4 14%


14その他-3 14%


男池の森のキツネノカミソリ-1 
16男池の森のキツネノカミソリ-1 14%

男池の森のキツネノカミソリ-2
17男池の森のキツネノカミソリ-2 14%

男池の森のキツネノカミソリ-3
18 男池の森のキツネノカミソリ-3 14%

男池の森のキツネノカミソリ-4
19 男池の森のキツネノカミソリ-4 14%

男池の森のツチグリ 
20 男池の森のツチグリ 14%


ヒゴタイ公園のヒゴタイ-1
21 ヒゴタイ-1 14%

          ヒゴタイ-2
22ヒゴタイ-2 14%

          ヒゴタイ-3
23 ヒゴタイ-3 14%

          ヒゴタイ-4
24 ヒゴタイ-4 14%

 朝駆けは撃沈だったが、山の日、花鑑賞をでき、また「おいちゃん」と
話ができて満足して岐路についた。(一部、負け惜しみかな。。。。。。!?)

 お疲れ様でした。
                       By ミヤーン
スポンサーサイト

オダマキとアサギマダラの大浪池~韓国岳(8月1日(火))

オダマキ‐1
1 オダマキ‐1 14%

オダマキ‐2
2 オダマキ‐2 14%

オダマキ‐3
3 オダマキ‐3 14%

オダマキ‐4
4 オダマキ‐4 14%

オダマキ‐5 
5 オダマキ‐5 14%

オダマキ‐6
6 オダマキ‐6 14%

アサギマダラ‐1(ぼけてしまっている)
7 アサギマダラ‐1 15%

アサギマダラ‐2 
8 アサギマダラ‐2 15%

アサギマダラ‐3
9 アサギマダラ‐3 15%

アサギマダラ‐4
10 アサギマダラ‐4 15%

大浪池定点から韓国岳 
12 大浪池定点から韓国岳 14%


   お疲れ様でした。

                           By ミヤーン

井原山のオオキツネノカミソリ ③その他の花編(7月22日(土))


 最後に、その他の花編③として紹介したい。

登山口すぐのキツネノカミソリ 14
1登山口すぐのキツネノカミソリ 14%

立ち入り禁止の案内 
2立ち入り禁止の案内 14%

カラスウリ
3カラスウリ 14%

カラスウリ-2
4カラスウリ-2 14%

その他の花-1
5その他の花-3 14%

ヤマアジサイ
6ヤマアジサイ 14%

ヤマアジサイ-2
7ヤマアジサイ-2 14%

アザミ 
8アザミ 14%

その他の花-2
9その他の花 14%

その他の花-3
10 その他の花-2 14%


   お疲れ様でした。

                          By ミヤーン

井原山のオオキツネノカミソリ ②登山道等編(7月22日(土))


 梅雨明け後、沢沿いの登山道をマイナスイオンとオオキツネノカミソリに
癒されながら、歩いてきたので紹介したい。

初めての水無登山口
1 登山口 14%

駐車場 左側奥が登山道入口
2-1左側奥が登山道入口 14%

登山口の案内
2-2 登山口の案内 14%

最初の渡渉橋
3 最初の渡渉橋 14%

オオキツネノカミソリの案内板
4 オオキツネノカミソリの案内板 14%

新しくなった渡渉橋-2
5 新しくなっていた渡渉橋-2 14%

渡渉橋-3
6 渡渉橋-2 14%

水無分岐
7 水無分岐 14%

渡渉橋-4
8 渡渉橋-3 14%

渡渉橋-5
9 渡渉橋-4 14%

登山道‐1
10登山道‐1 14%

登山道‐2 
11登山道‐2 14%

登山道‐3
12登山道‐3 14%

登山道‐4
13登山道‐4 14%

登山道‐5
14登山道‐11 14%

登山道‐6
15登山道‐5 14%

登山道‐7
16登山道‐6 14%

登山道‐8
17登山道‐7 14%

登山道‐9 
18登山道‐8 14%

頂上近くの案内板
19頂上近くの案内板 14%

登山道‐10
20登山道‐9 14%

登山道‐11
21登山道‐10 14%

下山後の登山口駐車場の新たなトイレ
22下山後の駐車場トイレ 14%


   お疲れ様でした。
 最後はその他の花編③に続きます。

                        By ミヤーン

井原山のオオキツネノカミソリ ①花編(7月22日(土))

 
オオキツネノカミソリの開花から2週間、水無の各々の群生地では
徐々に開花してきている。

 5月ゴールデンウィークの際にはキトク橋登山口から入り、頂上で雷、
その後雨に打たれるという悲惨な状態だった。
 今回はオオキツネノカミソリが目当てなので、お気軽に水無鍾乳洞登山口
から手前に300mぐらいの道路脇に駐車して9時20分頃登山口から開始。
 新しく3つのトイレが整備されている駐車場の前を右に進み、沢沿いの
登山道を梅雨明け後の暑い中、マイナスイオンに癒されながら登っていくと
20分ほどでアンノ滝へ続く水無分岐に着いた。そこを左に進んで
「オオキツネノカミソリ」の大群生地になるはずだったが・・・・・1?。
 
ここからは「ヤマップ」で紹介されていた詳しい方の記事を以下に紹介したい。
「例年に比べて今年の開花は遅いようで、水無で大きな群落地で見応えが
ある場所ではまだほとんどが咲いておらず、開花は未だ1割も満たない。
水無の湧水を過ぎ、渡渉路の群落地、ここは水無では一番早く開花群生する
小群落地。ここでは例年満開時に比べて約7割くらいの開花が見られる。
このペースだと見頃は7月末、ちょっと心配なのは、蕾の出方が少ないような
ただ単に開花が遅いだけならいいのですが?!・・・・・・。」
 
 この先は急な上りとなり、約1時間で縦走路に合流し、10分ほどの11時前
に頂上着。
 井原山の頂上には既に30名程度の登山者が休憩中で、福岡市内の景色を見たり、
昼食中だったりした。
 私も記念撮影を済ませ、早めの昼食を摂り、元のルートで下山。
 帰路もオオキツネノカミソリや登山道の写真を撮りながら、満開ではなかったが、
個人的には「オオキツネノカミソリ」に十分満足してゆっくりと13時過ぎには下山、
駐車場所に着いた。

オオキツネノカミソリ‐1
1 オオキツネノカミソリ‐1 14%

オオキツネノカミソリ‐2 
2 オオキツネノカミソリ‐2 14%

オオキツネノカミソリ‐3
3 vオオキツネノカミソリ‐3 14%

オオキツネノカミソリ‐4
4オオキツネノカミソリ‐4 14%

オオキツネノカミソリ‐4-2
4-2 オオキツネノカミソリ‐4 14%

オオキツネノカミソリ‐4-3
4-3 オオキツネノカミソリ‐4 14%

オオキツネノカミソリ‐4-4
4-4 オオキツネノカミソリ‐4 14%


オオキツネノカミソリ‐5 
5オオキツネノカミソリ‐5 14%


群生地のオオキツネノカミソリはまだまだ‐6
6オオキツネノカミソリ‐6 14%

      オオキツネノカミソリ‐7
7オオキツネノカミソリ‐7 14%

      オオキツネノカミソリ案内‐8 
8オオキツネノカミソリ‐8 14%

      オオキツネノカミソリ案内板‐9
9オオ9


スマホ キツネノカミソリ‐1
10スマホ キツネ‐1 16%

スマホ キツネノカミソリ‐2
11スマホ キツネ‐2 16%

スマホ キツネノカミソリ‐3
12スマホ キツネ‐3 16%

群生地記念写真
13群生地記念 15%


  大変暑い中でしたが、水無登山口からは楽勝でした!
 オオキツネノカミソリも満開状態ではなかったものの
充分楽しめました。
 次は登山道や頂上編の②に続きます。
         
                      By ミヤーン
≪前のページ≪   1ページ/42ページ   ≫次のページ≫