RSS

[登山初級A 中央アルプスの主峰 木曽駒ケ岳4日間](10月9日)④木曽駒ケ岳編

 平成26年10月の奥穂高岳、翌27年7月の白山・伊吹山と2年連続で台風の嵐に影響され、
ツアー変更を断念させられるといったことから、「雨男、嵐を呼ぶ男」と揶揄され、結果、28年はツアー参加を
見送ってきた。
 今年29年になって、8月末に「丹沢」登山を計画したものの、仕事の都合で断念することとなったため、
日増しに「ツアーに参加したい」気持ちが強くなってきたことと、先輩から「クラブツーリズム」のフェリーツアーの
良さを聞いていたこともあり、仕事の予定を見ながら、「クラブツーリズム」のフェリーツアーの計画を見ていると、
10月7日~10日と日程的に自分には都合のよいコースがあったため、すぐに電話して予約し、初参加となった。
 後輩の女性からも「2つ目のてるてる坊主」を作ってもらい、汚名返上を目指して準備し、10月7日(土)娘の
ところを経由して、北九州からフェリーで出発。
 週間予報では「晴れ」で良さそうではあったものの、実際に現地に行ってみないと、山の天気の急変は
しょっちゅう・・・・・・。
 しかし、長くは書かないが、初日から最終日まで天気は最高、富士山ずっと拝み放題、周辺の北から中央、
南アルプスの山々まで見えて、絶好のツアーで大満足で帰宅した。
 てるてる坊主、ありがとう、感謝感謝。

以下は、駒ケ岳ロープウェイの登山マップ地図の記載内容
①木曽駒ケ岳
山頂からは北アルプス・南アルプス・宝剣岳をはじめとする中央アルプスの峰々に御岳と360度パノラマが
楽しめます。
②中岳
中岳山頂で一休み。振り返れば宝剣岳、横には御岳、目の前には駒ケ岳・・・もうひと踏ん張りです。
③宝剣岳&天狗岩
行かなかったのでパス。
④乗越浄土からの眺め
急坂な八丁坂を登りきると、乗越浄土があります。
息を切らして八丁坂を登ってきた人々の疲れが一気に吹っ飛んでしまうくらいダイナミックな景色が
広がっています。
⑤オットセイ岩
八丁坂の途中に、宝剣岳に向かって首を伸ばしているオットセイのように見える「オットセイ岩」が
あります。
⑥八丁坂
千畳敷カール遊歩道を進んでいくと、途中に八丁坂に抜ける分岐点があります。この八丁坂は非常に
急坂なため、足元をよく気をつけながら登ることが大切です。
⑩剣ケ池周辺
写真撮影で一番人気のあるスポットです。
剣ケ池とお花畑の千畳敷カール、そして宝剣岳を写真一枚に収めることができるのはここだけです。

千畳敷カール‐1
1 千畳敷カール‐1 15%

宝剣岳‐1
2 宝剣岳‐1 15%

宝剣岳‐2
3 宝剣岳‐2 15%

宝剣岳‐3
4 宝剣岳‐3 15%

伊那前岳と飛行機雲
5 伊那前岳と飛行機雲 15%

中岳頂上方面
6 中岳頂上方面 15%

中岳頂上
7 中岳頂上 15%

中岳頂上-2
8 中岳頂上-2 15%

中岳頂上記念
9 木曽駒記念-4 15%

中岳から木曽駒ケ岳頂上
10 中岳から木曽駒ケ岳頂上 15%

木曽駒ケ岳頂上
11 木曽駒頂上 15%

木曽駒   頂上-2
12 木曽駒頂上-2 15%

木曽駒   頂上
12 木曽駒頂上 -5 18%

木曽駒   頂上-3
14 木曽駒頂上-3 15%

木曽駒   頂上からの雲海 
15 木曽駒頂上からの雲海 15%

木曽駒   頂上からの流れ込む傘雲
16 木曽駒頂上からの流れ込む傘雲 15%

木曽駒   頂上から北アルプス 
17 木曽駒頂上から北アルプス 15%

木曽駒   頂上方面を振り返って 
18 木曽駒頂上方面を振り返って 15%

乗越浄土
19 乗越浄土 15%


木曽駒  記念-2
21木曽駒記念-2 18%

木曽駒  記念-3
21-2  木曽駒記念 15%

木曽駒  記念-4
21-3 木曽駒記念-1 18%


下山のときのオットセイ岩 
22 下山のときのオットセイ岩 15%

剣ケ池のバックに千畳敷カール‐1
23 剣ケ池のバックに千畳敷カール‐1 15%

千畳敷カール記念-1
24 千畳敷カール記念-2 15%

千畳敷カール記念‐2
25 千畳敷カール記念‐1 15%

記念撮影場所で千畳敷カール‐1
26 記念撮影場所で千畳敷カール‐1 15%

お疲れ様でした。
良い天候に改めて恵まれました。
感謝いたします。
 次の⑤は紅葉編です。
また、ご覧下さい。
                          By ミヤーン
スポンサーサイト

[登山初級A 中央アルプスの主峰 木曽駒ケ岳4日間](10月9日)③木曽駒ケ岳登山道等編

 次第3弾は、メーンの木曽駒ケ岳の登山道等編として順次、紹介したい。

ロープウェイ乗り込む-1
1 ロープウェイ乗り込む-1 15%

ロープウェイ乗り込む-2 
2 ロープウェイ乗り込む-2 15%

木曽駒ケ岳へ登山開始 遊歩道
3 木曽駒へ登山開始 15%

千畳敷カールの登山口
4 千畳敷カールの登山口 15%

八丁坂 最初の休憩
5 千畳敷カール 最初の休憩  15%

八丁坂の急登‐2
6 八丁坂の急登‐2 15%

八丁坂の急登‐3
7 八丁坂の急登‐3 15%

八丁坂の急登‐4
8 八丁坂の急登‐4 15%

千畳敷駅方面を振り返って‐1
9 千畳敷駅方面を振り返って‐1 15%

八丁坂の急登‐5 
10 八丁坂の急登‐5 15%

八丁坂の急登の最後‐6
11 八丁坂の急登の最後‐6 15%


木曽駒頂上へ向かう参加者
12 木曽駒頂上へ向かう参加者 15%


乗越浄土を下山開始 
13 乗越浄土を下山開始 15%


八丁坂 下山中‐1
14 八丁坂 下山中‐1 15%

八丁坂 下山中‐2
15 八丁坂 下山中‐2 15%

八丁坂 下山中‐3
16 八丁坂 下山中‐3 15%

八丁坂 下山中‐4
17 八丁坂 下山中‐4 15%

八丁坂 下山中‐5
18 八丁坂 下山中‐5 15%

帰路にロープウェイ乗り場で順番待つ
19 帰路にロープウェイ乗り場で順番待つ 15%

ありがとうございました。
次は、メーンの④木曽駒ケ岳の頂上他編へ続きます。
懲りずに見てください。
 
 先に、木曽駒ケ岳の概要を紹介しておく。

木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ)は長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる標高2,956mの山で、
木曽山脈(中央アルプス)の最高峰。日本百名山、新日本百名山、花の百名山に選定されている。
木曾駒ヶ岳とも表記される。また省略して「木曽駒」とも呼ばれる。
【概要】
 駒ヶ岳の名を冠する山は日本の全国に多数あり、その最高峰である南アルプスの甲斐駒ヶ岳と
この木曽駒ヶ岳に挟まれる伊那谷では、この山を西駒ヶ岳または西駒、甲斐駒ヶ岳を東駒ヶ岳
または東駒と呼ぶこともある。木曽前岳 (2,826m)、中岳 (2,925m)、伊那前岳 (2,883m)、
宝剣岳 (2,931m) を含めて木曽駒ヶ岳と総称する場合もある。
 木曽駒ヶ岳には、雪解けの時期にはいくつかの雪形が見られ、昔から農業の目安にされてきた。
中岳には山名の元にもなった駒(馬)、極楽平の南には島田娘と種蒔き爺などが現れる。


                           By ミヤーン

[登山初級A 中央アルプスの主峰 木曽駒ケ岳4日間](10月9日)②富士山が見えた編

 
 次は、今回のツアーのメーンである「千畳敷カールから木曽駒ケ岳」の前に、
行程中、ずっときれいな富士山を拝んで登山するという、稀な幸運に恵まれた
ため、その富士山編を紹介したい。
 同じような写真ばかりですが、ご覧下さい。

まずは千畳敷駅からの富士山 (中央に小さく)
1 千畳敷駅からの富士山 15%

千畳敷駅からの富士山 (中央に小さく)
2 千畳敷駅からの富士山-2 15%

千畳敷駅からの富士山 (中央に小さく)
3 千畳敷駅からの富士山-3 15%

千畳敷カールからの富士山 (右手に小さく)
4 千畳敷カールからの富士山 15%


千畳敷カールからの富士山   (くじゅうから撮る由布岳のように大アップで)
4-1 千畳敷カールからの富士山 16%


千畳敷カールからの富士山 (中央により小さく)
5 千畳敷カールからの富士山-2 15%

千畳敷カールからの富士山 (中央により小さく)
6 千畳敷カールからの富士山-3 15%


乗越浄土からの富士山 (左手に少し大きく)
7 乗越浄土からの富士山 15%


中岳手前からの富士山 (左手に小さく  右端は宝剣岳)
8 中岳手前からの富士山 15%


中岳手前からの富士山 (宝剣山荘越しに)
8-1 中岳手前からの富士山 15%


中岳からの富士山 (右手に小さく)
9 中岳からの富士山 15%

中岳からの富士山 (左手にきれいに)
10 中岳からの富士山-2 15%

中岳から帰路の富士山 (左手にきれいに)
11 中岳から帰路の富士山 15%

中岳から帰路の富士山  (左手にきれいに)
12 中岳から帰路の富士山-2 15%


中岳から帰路の富士山 (ズームイン 少しぼけているが?)
12-1 中岳から帰路の富士山 16%


乗越浄土 帰路の富士山 (左手に少し大きく) 
13 乗越浄土 帰路の富士山 15%


  十分ではないが、雨男、嵐を呼ぶ男と言われた男が、
稀に見ることができた、瞬間瞬間を載せてみました。

 ガイドさん曰く、
「いつもこんな天気で、いつもこんな景色が見れるとは
 思わないで、私は晴れ女・・・・・」
 と、今回ももらって連れて行ったてるてる坊主のおかげです。
感謝、感謝・・・・・・・・・・・・。(泣ける!)
 ありがとうございます。

 次は本当にメーンの千畳敷カールから木曽駒ケ岳編③、④へ
続きます。
 乞うご期待。

                       By  ミヤーン

[登山初級A 中央アルプスの主峰 木曽駒ケ岳4日間](10月7日~10日)①乗鞍岳編

[登山初級A 中央アルプスの主峰 木曽駒ケ岳4日間](10月7日~10日)
「クラブツーリズム」に初参加して(10月8日(日①乗鞍編)
 
 これまで3年間、参加したツアーはすべて台風か雨で、延期か途中下山。。。
今年も半ばあきらめかけていた。
そこに、仕事の区切りとタイミングがあい、「クラブツーリズム」のフェリーを利用したツアーに参加してきた。
参加者は男性5名、女性20名、夫婦3組、年齢層 60代が主、70代数名、50代数名、添乗員女性。

乗鞍岳(のりくらだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部の剣ヶ峰(標高3,026m)を主峰とする山々の総称。
朝日岳、摩利支天岳、富士見岳、屏風岳など23の山があり、広大な裾野が広がる。日本百名山及び
新日本百名山に選定されている。
まずはパソコンのトラブルもあり、遅れての掲載となったので、写真を見ていただきたい。
 だんだんと掲載していくので、コメント等の追加は許してもらいたい。

乗鞍 登山開始
1 乗鞍 登山開始 14%

乗鞍森林パトロールセンター
1-1乗鞍森林パトロールセンター 15%


乗鞍 記念
2 乗鞍 記念 15%

乗鞍 富士見岳方面
3 乗鞍 富士見岳方面 14%

畳平を振り返って
4 畳平を振り返って-3 14%

畳平を振り返って
5 畳平を振り返って-4 14%

乗鞍 富士見岳頂上記念
6 乗鞍 富士見岳頂上記念-2 15%

雪渓と夏スキー 
7 雪渓と夏スキー 14%


乗鞍 記念-3
8 乗鞍 記念-3 18%


雪渓と夏スキー-2
9 雪渓と夏スキー-2 14%

残った雪渓でスキーを楽しむ人たち 
10 残った雪渓でスキーを楽しむ人たち 16%

肩の小屋
10-1 肩の小屋 15%


摩利支天岳
10-2摩利支天岳 15%


帰路に畳平 
11 帰路に畳平 14%

帰路に畳平-2
12 帰路に畳平-2 14%

畳平を振り返って 
13 畳平を振り返って 14%

乗鞍 畳平でシャトルバスを待つ人たちの行列 
14 乗鞍 畳平でシャトルバスを待つ人たちの行列 15%


ツアーでお世話になった「東豊観光」バス 
15 東豊観光バス 15%


 お疲れ様でした。
 次は、9日(月)メーンの木曽駒ケ岳の登山道、富士山等、木曽駒ケ岳編へと続きます。
ご覧ください。

                        By ミヤーン

祝! 初ブロッケン現象+雲海 くじゅう 中岳 ⑤その他編(9月2日(土))

 最後に、その他編として紹介したい。

ブロッケン前の天狗から定点位置
1 ブロッケン前の天狗から定点位置 14%

ブロッケン前の天狗から定点位置-2
2 ブロッケン前の天狗から定点位置-2 14%

中岳から天狗ケ城頂上の人たち 
3 中岳から天狗ケ城頂上の人たち 14%

ブロッケンが出ると教えてくれた人
4 ブロッケン教えてくれた人 14%

阿蘇連山
5 阿蘇連山 14%

稲星山の向こうに祖母山?
6 稲星山の向こうに祖母山? 14%

慰霊の碑と久住山
7 慰霊の碑と久住山 14%

星生の大窓
8 星生の大窓 14%

ドロンコ道も乾いて 
9 ドロンコ道も乾いて 14%

男池「おいちゃん家」横から 
10 男池「おいちゃん家」横から 14%

山恵の湯から三俣山
11 山恵の湯から三俣山 13%

大観峰上にかかる鳥のような雲
12 大観峰上にかかる鳥のような雲 14%

ミルクロード上の雲が虹色に映えて 
13 ミルクロード上の雲が虹色に映えて 14%

帰路のラピュタの道‐1 
14 帰路のラピュタの道‐1 14%

帰路のラピュタの道‐2
15帰路のラピュタの道‐2 14%

  お疲れ様でした。

                               By ミヤーン
≪前のページ≪   1ページ/43ページ   ≫次のページ≫